歯磨きをする男性

歯列矯正は基本的には保険適用外の自由診療となります。わかりやすいものでいうと美容整形は適用外となります。これは、必ず治療が必要ではないという判断がなされているからですね。 また、保険で認められているもの以外、または人より良い医療を受けることに関しても適用外とされることがあります。例えば、歯の詰め物は保険適用を考えるのであれば、必要最低限の材質しか選べなくなるということになります。 ただし、歯列矯正は医療控除の対象となることがあります。主な目的がかみ合わせの向上であるためですが、審美目的と判断されやすく却下される可能性も高いとされています。ただし、申告して損をすることはありませんので、医師にあらかじめ相談しておくことをおすすめします。

歯列矯正の料金は矯正器具の種類や治療期間などのプランによって大きく上下することになります。平均的な大人の治療料金は約100万円前後とされていますが、年齢が低ければ低いほど料金は下がる傾向にあります。 歯列矯正は治療期間によって料金に差が生じます。歯科医院の料金プランにもよりますが、基本的には治療期間や保定期間が長くなれば長くなるほど高くなるという認識で良いかと思います。 また、矯正器具の装着場所や使用している材質などによっても料金が変わります。こちらは基本的に審美性が優れているものにはコストがかかりやすいという認識で良いと思います。 しかし、矯正治療は生活に深く結びついた治療となります。料金のことだけ考えず、自分の生活スタイルに合った器具を選ぶようにしましょう。