レントゲンを見る医師と患者

実は、医療的には審美歯科と言うジャンルはありません。しかし、見た目を第一に考える歯科の分野として分かりやすく表現しているのが審美歯科であり、近年この呼称が定着しつつあります。 一昔前は、美しい歯となると歯並びが基本とされていました。そのため、歯にお金をかける場合は、まず歯列矯正からスタートするのが一般的でした。しかし、現在は歯そのものを美しい歯に代えてしまう治療が広く普及し、必ずしも歯列矯正がスタートではなくなったのです。ただ、子供や自分の歯を大切にしたいと言う人は、かなり多く自分の歯を残しながら、一部を人工的な歯に変える治療を選択する人も多くいます。これらの歯は保険が適用されることもありますが、多くは保険適用外です。

審美歯科を専門に行っているクリニックも多くありますが、その多くが歯列矯正を兼ねています。また、まずは虫歯の治療をしなくてはならないので、最初は一般的な歯科医院で治療を終えた後、審美歯科を訪ねるのが順序となります。 歯列矯正からスタートする場合、ネックとなるのがワイヤー等が見えてしまうと言う点にあります。しかし、現在はワイヤーを使わない歯列矯正の方法もあり、見た目はほとんど変わらず矯正を行うことも可能です。歯そのものを変える場合は、インプラント治療等が必要なりますが、人口歯の技術も発達し、仮歯の状態でも本物の歯とほとんど変わらない状態まで持っていくことが可能なので、他人にバレることなく治療することができます。