女性の口元

みなさんは歯科医院を訪れるときはどんなときですか。「むし歯が痛む時。」「歯茎に異常があるとき。」などといった何らかの症状が出るまで放置している人が意外と多いのではないでしょうか。 これらの症状が出る前に防ぐことができます。それは、定期的に歯科医院で健診を受けることです。 本来は3カ月に一度の定期健診が歯の健康を維持するにはいいようです。しかし、なかなか忙しい人にとっては、3カ月に一度の来院は難しいかもしれません。でも半年から一年に一度は定期健診を受けましょう。そうすることでむし歯の進行を防ぐことができ、歯周病の予防もできるはずです。 ですから、自分で時間をつくってでも歯科医院で健診を受けてみましょう。

最近は歯科医院から定期健診の時期になるとお知らせはがきが郵送されてくるはずです。定期健診では、歯石の除去や歯茎のチェックをしてくれます。また正しい歯磨きの指導もあり、自分がどこを重点的に磨けばよいのかわかります。 最後には歯の表面をきれいにしてくれますから、見た目も輝いてきれいな歯を保つことができるのです。 歯科医院も来院しやすい雰囲気づくりに努めているところも多く、特に小さな子どもたちが、怖がらずに楽しく治療できるようにしているところが増えてきました。 子どもたちが待ち時間に遊べるスペースや、治療中にビデオ視聴できるなどそれぞれの歯科医院によってさまざまな工夫がなされています。 大人もリラックスできるように工夫されているところもあります。